仮想通貨GameCreditsとMobileGO開発の近況2018年5月

devの画像

こんにちは、黒のVネックです。ゴールデンウィークも明けはや2週間。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
僕は割とがっつり休みがあったので、ゴールデンウィーク最終日にはこの素敵な連休が終わってしまうのかとガチでちょっと泣きました(笑)

いやー、幸せの反動ってデカイですよねぇ

ということで、今幸せを感じているみなさんも気をつけてください。そのジェットコースターどこから急降下始めるかわかりませんよ。クックック

さて、今回の投稿では5月8日にGameCredits公式からリリースされた「GameCredits and MobileGO Development Report: May 8th」の中から気になった部分をいくつかまとめてみたいと思います。

主な開発の進捗

1. 現在いくつかのゲームがモバイルストアへの統合プロセスに入っていて、このストアに最初に統合されるゲームはGameCreditsのチームが開発しているモバイルMMORPGのPixel Warsになるそうです。

ちなみにこれは2017年7月に公式の方からされたツイートです。
時期はともかく…時期はともかく、時期はともかく!方針は変わっていないようです。

2. GShareからPCゲームを購入する需要が割とあるようで、今後はより一貫したスケジュールで販売するゲームを追加していくみたいです。
それを可能とする環境を整えるために現在バックオフィスのアップデートに取り組んでいるようです。

ちなみにGshareとはマイニングクライアント兼ゲームショップの機能を持ったデスクトップアプリケーションのことです。
マイニング2

ユーザーはGshareでGAMEのマイニング、GAME建てでゲームの購入をすることができます。Windows、Mac、Linuxで利用することができます。

こちらの記事でGShareについてさらに詳しく書いてますので参考にしてみてください
仮想通貨GameCreditsをマイニング!デスクトップクライアントGShareとは

3. ウォレットとバックエンドシステムへのMobileGoの統合が現在進行中で、これが完了するとMGOトークンはGameCreditsの開発するエコシステム全体を移動できるようになる。

現在、GshareとGWallet(ウェブウォレット)共にGAMEしか扱うことがでません。GAMEはライトコインをフォークして作られたPoWの仮想通貨でMGOはEthereum、Waves上で発行されているトークンです。
元々はGAMEのみを扱う前提で開発されていたので途中から追加されたMGOへの対応に時間がかかっていますが、統合が終われば各ウォレットでMGOの管理ができたり、今後リリース予定のGPlay(モバイルゲームストア)での利用が可能になるはずです。

4. 4月5日にGameCreditsブロックチェーンの大幅なアップデートを行い、ブロックチェーンをできる限り最新の状態に更新。これにより6月1日のBip65とBip66ではアトミックスワップが有効になる予定。

クリプトパークの管理人さんがいいこと言ってたので引用させていただきます。

アトミックの画像

新ウォレット、GC Liteの情報が解禁

以前からこのワードって出ましたっけ?
僕は今回初めて目にした気がしたんですけど…

どうやら新しいウォレットが開発中みたいです。

GC Liteは以下のような特徴を持ったウォレットになるようです。

1. GameCreditsブロックチェーンをダウンロード/同期させることなく、ユーザーがGAMEを安全に保存、送信、受信することを可能にする軽量アプリケーション。

2. QTウォレットのセキュリティを備え、同時にWebウォレットのシンプルさを提供するように設計されています。

2018年7月にコミュニティへ向けて最初のローンチが予定されているようです。
↓ファーストプレビューが載ってました

gcliteの画像

Electronic Entertainment Expo(E3)にブースを出店

今回GameCreditsのゲームブランドとイニシアチブであるGNationがE3 2018にブースを出店する予定らしいです(予定←ここ重要)。

今年のE3は6月13日(水)〜6月15日(金)まで開催されるようです。
アナウンスを期待せずに待ちましょう〜

MobileGO開発の進捗

1. GWalletへのMGOの統合が進行中

ウォレットにMGOを組み込むことによって、GameCreditsのエコシステム全体で支払いや取引を処理できるようになるそうです。

2. MGOのスワップについて

MobileGO(MGO)はEthereumとWavesの二つのブロックチェーン上に存在するトークンです。ICOでは自分がどちらのブロックチェーン上のトークンを受け取るか撰択することができました。
そしてホルダーは購入後自分の好きなタイミングでeMGOとwMGOの1対1のスワップが可能となるという話になっていました。
しかしスワップ機能の開発に時間がかかり問題になっていました。

今回の進捗報告によると、現在開発中のシステムはホルダーにwMGOを入金するための簡単なポータルを提供し、そしてホルダーはeMGOを受け取るアドレスを入力し受け取るという形になるようです。

このプラットフォームは2018年7月頃にリリースされる予定だそうです。

3. e-sportsプラットフォームの初期リリース

今年の夏に最初のe-sports機能をリリースし、プラットフォームの拡大に合わせてより多くの機能がリリースされるようです。

モバイルストアではMGOをトーナメントへの入場料として支払い、またトーナメント報酬として受け取ることができるようになります。

曰く、過去6ヶ月の間に著しい発展を遂げているようなので楽しみに待ちましょう!

4. モバイルストアへのPixel Warsの統合

現在モバイルストアのe-sportsエコシステムにPixel Warsの統合が進行中です。

Pixel Wars内部ではゲーマーは個人間のマッチプレイをしたり、最大100人の大規模なトーナメントに参加することができるようになるそうです。

もちろん賭けの報酬はMGOで払い出されます。

pixel warsの画像

最近派手なアナウンスは控えめな感じですが、夏あたりになるといくつか大きめのイベントが控えているみたいですね!

毎度のこと予定通りには行かない気もしますので、期待するのはほどほどにしておきましょう(笑)

今回はここまで!最後まで読んで下さりありがとうございました!

The following two tabs change content below.
黒のVネック

黒のVネック

仮想通貨にハマってます。 GameCreditsの認知度を少しでも上げられるように地味に活動中です╭( ・ㅂ・)و GAMEアドレス: GT6duHwifYJkxQRgEkbw274LVkLsZBxdsr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする