仮想通貨GameCreditsをマイニング!デスクトップクライアントGShareとは

g-share2の画像

マイニング&ゲームショップ

GameCredits Inc.が開発中のプロダクトにはモバイルゲームストアGPlayやe-sportsトーナメント観戦用Webアプリ、Decentralized esports (Desports) など仮想通貨関連技術を使ったユニークなものがいくつかあります。

しかしいずれの商品にしても現在開発途中で、いまだ詳細な情報はあまり公開されていません。

今回の投稿ではそんな中でも比較的開発が進んでおり、現在クローズドβ版が公開されているマイニングクライアント兼PCゲームショップの機能を兼ね備えたデスクトップクライアント、GShareを紹介してみたいと思います。

初心者でも簡単!シンプルなマイニングクライアント

早速ですが実際にGShareの一連の操作を紹介している動画がYouTubeに上がっていましたのでまずはこちらをご覧ください↓

1. ワンクリックでマイニング
2. 稼いだGAMEをアカウントに紐ずいたウォレットに移動
3. ゲームを購入

まずはこれで大体の概要は掴めたかと思います!

GShareではボタン一つでGAMEのマイニングを始めることができます。
詳細設定で振り分けるコンピューティングパワーを変更することができますが、基本的には特に設定をいじらなくても始められます。

たくさんのPCリソースを使う作業を行いながらマイニングをするとパフォーマンスの低下を引き起こしてしまうことがあるので、心配な方はインターネットやYouTubeの閲覧など比較的軽めの作業をしながらのマイニングがオススメです。

マイニングに関するよくある誤解

misconceptionの画像

1. 火災の危険

GShareはあなたのPCを過熱させてあなたの家を焼き払うことはありません。
それはゲームをしたりビデオを見たりするのと同じです。

2. パフォーマンスの低下

PC内部のシリコンチップは何十年もの使用を想定されています。
GShareでマイニングを行なってもそれらが特別磨耗したり性能が悪くなったりということはありません。

3. 電力コスト

GShareを実行するためにかかる電気代コストはごくわずかで、払うコスト以上の収益を得ることができます。

僕も試しにマイニングをしたことはあるのですがそこまでガッツリやったことはないので、一応公式サイトには上記のようなことが書かれていますが、そちらは自己責任ということでやってみて下さいm(__)m

まだいくつか実装されていない機能も

拡張機能としてCPUやGPUの使用状況を検出し、ビデオ編集やたくさんのリソースを使うPCゲームなどのタスクが実行されている場合はGShareの計算を自動的に調節または停止するシステムが組み込まれる予定です。

また、現在GShareは様々な仮想通貨のマイニングに焦点を当てていますが長期的な計画ではGPUパワーを必要とする収益性の高いタスク (科学的な研究や数学的計算など) にも使用される予定になっています。

チャリティーへの寄付

charityの画像

現在はマイニングで稼いだGAMEは全て自分のものになりますが、ゆくゆくは収益の一部を0%〜100%までその割合を自分で決めてチャリティーへ募金できるようになるそうです。

稼いだGAMEが使えるPCゲームショップ

g-shareの画像

マイニング機能に加えてGShareの持つもう一つの特徴は、GAMEが使えるゲームショップです。

GShareでマイニングを行うとGAMEが貯まっていきますが、そのGAMEでなんとPCゲームを買うことができちゃいます!(もちろん価格表記もGAME建て)

通常よりも安くゲームが買える

これは以前GameCredits公式のDiscordでコミュニティーメンバーがSteamとGShareのゲーム販売価格を比較した時の画像です。

priceの画像

価格変動があるため常にこのような割引価格で購入できるとは限りませんがこの低価格もGShareが売りにしているものの一つです。

ちなみにこの画像は2018年1月30日にDiscordに貼られたもので、つい先日もクリプトパークというSNSでコミュニティーのメンバーが試算したものが貼られていましたがこちらでもSteamの販売価格と比べて安価なものになっていました。

まだクローズドβ版ということもあってゲームのストック数や品揃えはそこまで豊富ではありませんが、GameCreditsのチームはこの辺りを改善するために色々と取り組んでいるようなので、後々改善してくると思います。

Due to increased demand for PC games in GShare, we are working to increase the number of listed games every week. To make this possible we’re working to finalize some updates to our ‘backoffice’ which allows our team to perform quick updates to various company applications (like GShare). With these updates we’ll be able to add games on a more consistent schedule.

GameCredits and MobileGO Development Report: May 8th

GShareの今後の展開は?

GameCreditsの開発チームはGShareをキープロダクトの一つとして開発を進めています。
最近は特にアップデートも頻繁に行われており、バグ修正や新機能の追加など変化のスピードがとても早くこの記事の情報もまたすぐに古いものになってしまうことでしょう。

上の方でも述べたようにGShareにはチャリティー関連の絡みもありますのでこちらも今後動きがありそうです。

直近のイベントではElectronic Entertainment Expo 2018でGNationがブースを展開します。

今回の出店ではGShareの宣伝に力を入れるということを公式は明言しています。

The GNation team has finalized everything regarding E3. As a reminder, GNation will have a booth at E3 this year in South Hall, booth 837, from 12–14 June. GNation will present GShare at E3, as well as showcasing and presenting a few of GPlay’s features.

GNation published an article explaining its new direction and plans for GShare, which is the main product within GNation’s ecosystem.

GameCredits and MobileGO Development Report: June 5th

今回の紹介記事ではインストールの仕方など実際の動かし方については紹介しませんでしたので、近いうちにまたそちらも纏めたいと思っています。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
黒のVネック

黒のVネック

仮想通貨にハマってます。 GameCreditsの認知度を少しでも上げられるように地味に活動中です╭( ・ㅂ・)و GAMEアドレス: GT6duHwifYJkxQRgEkbw274LVkLsZBxdsr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする