GameCredits、ブロックチェーンのバックアップシステムとしてKomodo Platformを採用

komodoの画像

ここ最近、仮想通貨界隈ではブロックチェーンネットワークへのコンセンサス攻撃が話題になっています。
過去数週間の間にVerge (XVG) やBitcoin Gold (BTG)、モナコイン (MONA) などから立て続けに被害報告が挙げられています。

僕もいくつか解説記事を読んでみたのですか、大石さんのモナコインへの攻撃について解説されている記事がわかりやすかったです。
モナコインへの攻撃について (BLOCK WITHHOLDING ATTACK)

今回攻撃者のターゲットにされていないだけで潜在的に同種の攻撃の危機に晒されている仮想通貨は多くあります。
もちろんGameCreditsもその中の一つです (実際にすでに何度かコンセンサス攻撃を受けています)。

そこで先日アナウンスされたKomodo Platformとの統合ニュースには驚きました。
それまでKomodoの名前は聞いたことはありましたが、あまり詳しくもなかったのでこれを機に少し調べてみました。

51%攻撃の簡単な概要

今回話題になっている攻撃は51%攻撃と呼ばれるものです。
簡単に言えば悪意を持った攻撃者の持つハッシュパワーが一時的にネットワークの大部分をしめる事によって、攻撃者はプライマリ・チェーンよりも長いチェーンを作成できるようになります (最も長いチェーンが最終的にはプライマリ・チェーンとして採用される)。
これにより攻撃者はトランザクションを偽造したり二重支払いを行うことができるようになってしまいます。

このようにトランザクションの偽造は悪意のある攻撃者にブロックチェーンを操作できるほどの大量のハッシュパワーが集まってしまうために起こされてしまいます。

つまり、より少ないコストでネットワークの大部分をしめるハッシュパワーを簡単に集められてしまうブロックチェーンが標的となってしまいます。

ビットコインのブロックチェーンの堅牢性

PoW型のブロックチェーンを採用している仮想通貨の中でも特にビットコインは堅牢なブロックチェーンを持っています。
その規模感を知るのにKomodoのホワイトペーパーから少し引用します。

現在、Bitcoinの全体的なハッシュレートは膨大です。
世界中のコンピュータを集めたBitcoinは事実、人によって作られた最大のスーパーコンピュータです。
この論文の執筆時点でBitcoinネットワークはデンマーク全国よりも多くの電力を消費しているとの見解があり、さらにマイナーの数も増加し続けています。

したがってBitcoinのネットワークに対して51%攻撃を試みるにはハードウェアに何十億ドルもの負担はかからないかもしれないが、何百万ドルものコストがかかる可能性はあります。

また、地理的に単一の場所では実現不可能な電力の持続的消費を必要とし、分散型ハードウェアネットワークであってもかなりのコストがかかってしまいます。
したがってBitcoinのマイナーがBitcoinネットワークに関心を持ち続ける限り、そのセキュリティは計り知れません。

Whitepaper – Komodo

数学的な話は苦手なので自分で正確な数字を算出したりはしていませんが、ビットコインのブロックチェーンの堅牢性が伺い知れます。

GameCreditsセキュリティアップデート

devの画像

さて、若干前置きが長くなってしまいましたがここからが本題です。
先日GameCreditsはネットワークのセキュリティアップデートを行いました。

このリリースの中でGameCreditsのブロックチェーンとKomodo Platformの統合がアナウンスされました。

この統合によりGameCreditsのブロックチェーンに追加のセキュリティレイヤーを設け、セキュリティを高めたというのが今回のアナウンスの概要です。

前述の通りビットコインのブロックチェーンは極めて堅牢で、それ自体でセキュリティが高いものになっています。
一方でGameCreditsはまだ独自のブロックチェーン自体で十分なセキュリティを担保できていないと開発チームは判断したのでしょう。

Komodo公証機能によるブロックチェーンのバックアップ

dpowの画像

では一体KomodoはどのようにしてGameCreditsのブロックチェーンのセキュリティを高めたのでしょうか?

端的に言うと、KomodoのメインチェーンにGameCreditsのブロックチェーンデータをバックアップとして保存し、ネットワークに対する攻撃が生じた際にはKomodoチェーンから収集したバックアップデータを使用してGameCreditsのブロックチェーンを復元できるようにしたのです。

Komodoの公証人は常にGameCreditsのネットワークを監視し、一定間隔ごとのブロックのハッシュを取得しそれをKomodoのメインチェーンに書き込みます。
そして逆にKomodoチェーンのどのブロックがその記録を持っているのかをGameCredits側のチェーンにも記録します。

よって今後GameCreditsのブロックチェーンのトランザクションは常にKomodoにより公証される事になります。
攻撃者が二重支払いを行おうとしても作ったブロックをブロードキャストする頃にはすでに本来のチェーンはKomodoによって公証されているため攻撃者のブロックはネットワークから拒否されます。

Komodo公証機能の堅牢性

GameCreditsのブロックチェーンがKomodoのメインチェーンによってバックアップされているというのをここまで説明してきました。

そしてKomodoのメインチェーンもまた同様にBitcoinのブロックチェーンによりバックアップされています。

KomodoのDelayed Proof of Workコンセンサスメカニズムは選択されたPoWネットワークをコモドトランザクションのバックアップのためのストレージスペースとして使用します。
なので仮にKomodoのブロックチェーンに攻撃が仕掛けられたとしてもメインチェーンのバックアップが一つでも残っていたらエコシステム全体を復元することができます。

dpow2の画像

この画像に今回の場合を当てはめてみるとこうなります
GameCredits→Komodo→Bitcoin
なので悪意のある攻撃者はGameCreditsのブロックチェーンを改ざんするためには次のもの全てを破壊する必要があります。

  1. GameCreditsのブロックチェーンのコピー全て
  2. Komodoのメインチェーンのコピー全て
  3. dPoWバックアップが挿入されるPoWセキュリティネットワーク (Bitcoin)

なお3番目のチェーンにBitcoinが適さなくなった場合Komodoの公証人はバックアップ先のネットワークを自由に変更できるようです。

おわりに

今回のニュースについて自分なりに調べて書いてみました。
本来技術的な話はあまり得意では無いので不正確な情報もあるかもしれませんが、大枠は間違えてないと思います。

今回のGameCreditsの迅速な対応は良いものだったと思います。
やはり通貨として使われる以上このような問題は放置できません。
持続的に使われていくことを想定しているということが開発チームから伝わってきました。

最後に参照した資料を貼っておきます
Whitepaper – Komodo
モナコインへの攻撃について (BLOCK WITHHOLDING ATTACK)
なぜか爬虫類の名前ばかりの暗号通貨プロジェクト!Komodoの紹介

最後まで読んでくださりありがとうございましたm(__)m

The following two tabs change content below.
黒のVネック

黒のVネック

仮想通貨にハマってます。 GameCreditsの認知度を少しでも上げられるように地味に活動中です╭( ・ㅂ・)و GAMEアドレス: GT6duHwifYJkxQRgEkbw274LVkLsZBxdsr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする