次世代型e-sportsアプリケーションMobileGo、そのプロダクトとは

GameCredits Inc.は以前からe-sportsの民主化を一つのテーマとして取り組んできました。

e-sportsという競技を資格の与えられた一部のプレイヤーによる閉じられたフィールドから、私たちのような一般人が気軽に参加できるモノへと間口を広げるためにプロダクトの開発に取り組んでいます。

以下では開発中の2つのプロダクトについて紹介します。

ユーザー観戦型賭けアプリDesports

Decentralized esports (以下、Desports) は閲覧型のe-sports賭けアプリです。

Desportsは、ユーザーが現在進行中のe-sportsトーナメントを閲覧し、MobileGo (MGO) を対戦結果に賭けることができるWebベースのアプリケーションです。

MobileGoに関してはこちらでもう少し詳しく書いています。
スマートコントラクトを使用した次世代型e-sportsを可能とするMobileGoとは何か?

以下は開発中のスクリーンショットです。

Desportsの画像1

Deportsの画像2

具体的な例として、日本のプロe-sportsチームであるDetonationとRampageの試合があった場合、Desportsユーザーはその試合結果を予測し自分のMGOを賭け、見事その予想が当たった場合に報酬としてMGOを獲得できるという流れになります。

Detonation vs Rampage

ユーザー参加型賭けアプリを内包するGPlay

上記の閲覧型のDesportsに対してGPlayは自らがプレイヤーとして参戦するユーザー参加型の賭けが行えるモバイルアプリです。このアプリケーションではユーザーは自らが参加するマッチやトーナメントにMGOを賭け、対戦を行うことができます。これらの賭けはEthereumのスマートコントラクトを基盤とすることによって可能になります。

gplayの画像

具体例としては格闘ゲームを4人でプレイするとして、各々が5MGOを賭けて参加、優勝者はプールされた20MGOを総取りするといった流れになります。

大乱闘の画像

本記事で紹介したアプリケーションははあくまで現時点で開発中のものであり、且つ、筆者のプロダクト完成図の予想が入っているものです。
確実にこのようなものになるという保証は無いことに留意してください。

実際にユーザー参加型の賭けアプリの名称は以前までGAME.GGとされていましたがGameCredits公式からのリリースを読む限りでは、GAME.GGはGameCreditsのモバイルプラットフォームGPlayに内包される形になっているように思われたので、本記事の内容もそれに合わせて変更しています。

GAMEGGの画像

今後もまだまだ変更点が出てくるかもしれませんがその都度、本記事の内容も更新していきたいと思っています。

最後まで読んで下さりありがとうございました!

The following two tabs change content below.
黒のVネック

黒のVネック

仮想通貨にハマってます。 GameCreditsの認知度を少しでも上げられるように地味に活動中です╭( ・ㅂ・)و GAMEアドレス: GT6duHwifYJkxQRgEkbw274LVkLsZBxdsr

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする